中学生だけどストレートパーマをかけてみたいと思っている女の子が多いそうです。

単なるオシャレの為という人も居ますが、くせ毛に悩んでいる女の子も多いと思います。

もともとストレートという人にはわかりずらいのかもしれませんが、思春期の子供達にとってみれば大変な悩みなんですよね。

でも校則違反にならないのか?そもそも早過ぎる?

今回は、そんなお悩みについて考えてみようと思います!

スポンサーリンク

ストレートパーマは校則違反?

日本の中学校の校則は、パーマは禁止ということになっています。

当然ながらストレートパーマはパーマですから、校則違反になるのですが・・・。

実際のところ、ストレートパーマにしても学校から注意を受けることは少ないそうです。

普通のパーマのように派手な外見に変わるわけではないですし、くせ毛で悩んでいる女子がストレートにすることで気持ちが前向きに変わるという効果もあるからかもしれません。

確かに私が学生の頃には、くせ毛だった子がいきなりストレートヘアーに変わって登校して先生は特になにも指摘していませんでした。

さすがに、「元の髪の毛に戻してきなさい」と言ってくる先生はいないようですね。

美容室でも、オーダーすればストレートパーマをかけてくれるところがほとんどだと思います。

これは、かなりグレーゾーンですよね。

各家庭の判断による部分が大きいということです。

それに対する社会の目はどうか、というと。。

  • 親が校則違反を認めるようでは校則なんて意味ないですよね。
    ルールを守るということを是非教えてあげて欲しいです。
  • 中学生でパーマは早い早い^^;
    娘さんにも、校則を守るということがどういうことなのか、話し合ってみては?
  • 私も小さいころからくせっ毛で、髪の毛にはすごくコンプレックスを持ってますのでお嬢さんのお気持ちはわかります。
    ですが、私は大学になってからパーマをかけました。
  • 私は、中学1年生の時に、ストレートパーマより髪がまっすぐになる縮毛矯正してましたよ!!
    全然非行になんか走らなかったし、逆に親の手伝いをするようになりました!!
    私の場合、誕生日プレゼントでパーマをかけましたよ☆
  • 私は癖毛の所為で、からかわれたりしたし、髪さらさらに何度あこがれたことか・・・・。
    お嬢さんが癖毛で悩んでいるようであれば、気持ちを楽にさせるためにもいいと思います。
  • やはりルールを守ることの大切さを学ぶ為の校則ですから、我慢するべき!という意見が圧倒的に多いようです。

    厳しい意見がほとんどですが、自分もくせ毛で悩んでいた!という人からは賛成の意見も多いですね。

    私の意見ですが、そもそもなぜストレートパーマにしたいのか、理由をしっかり聞いて対応を考えたらいいのでは?と思います。

    いじめやからかいに合っていたり、精神的にかなり悩んでいる状態なら、解決策を考えてあげたいと思うからです。

    大原則は、我慢とルールを守ることを教えるべきですけど、状況によっては、という感じでしょうか。

    そもそもストレートパーマにするには、平均で8000円前後かかりますので、親御さんとしっかり話し合ってみることですね。

    スポンサーリンク

    パーマじゃなくてブローでストレートにする方法☆

    くせ毛がきつい人は、髪の毛は伸ばした方が良いですよ。

    髪の毛の重みで、多少真っ直ぐになりますし、くくることで広がりを抑えることも出来ます。

    くせ毛の程度にもよりますが、ブローでも十分にストレートにすることが出来ますよ。

    まずは、ドライヤーで髪の毛を乾かす時に、半乾きの状態で一度ストップして、スタイリングウォーター(寝ぐせ直しウォーターでも可)で根元からしっかり付けます。

    髪の毛をいくつかにブロッキングしてから、手かブラシで髪の毛を引っ張って伸ばしながらドライヤーの熱を当てていきます。

    コツは根元からしっかり伸ばすことです。

    コテがある場合は、コテで挟んで伸ばしてもいいですね。

    ただし、ドライヤーでもコテでも髪の毛には相当ダメージがかかるので、ここぞという時だけにした方が良いかなと思います。 

    パーマもブローも髪の毛を傷めます。

    髪の毛はいくらでも生えてくるから!と思うかもしれませんが、毛根にもダメージが蓄積されるということをお忘れなく!

    毛根が弱ると、綺麗な髪の毛は生えてきません。

    さらにくせ毛が酷くなる場合もあります。

    ストレートパーマや縮毛矯正は、どうしてもしないといけない事なのかどうかを、親御さんともよく相談して決めてくださいね。