c664c125af5cb30a2bf9922c25d40896_s

生後1か月でもう髪を結んでいる赤ちゃん、1歳を過ぎても生まれた時とあまり変わらない赤ちゃんなど髪の毛は本当に個人差がありますよね。

私の友人も、女の子で1歳半なのに全然生えてこない!と言っている子もいます。周りからも髪の毛いったん剃ったの?と言われるそうです。

昔の風習で髪の毛を濃くするために、いったん剃るっていうのがあったらしいので、それだと思われるんですね。

でもそったわけではなく、むしろちょっとずつ濃くなっているのにそう言われるぐらい生えないんだそうです。

私はその薄い髪の毛でも全然かわいいなーと思いますが、親としてはこのままなんじゃないか!?と不安な気持ちもわからなくはないです。

あとは髪が薄いので、女の子らしい服が似合わないという悩みもあるそうです。今日は赤ちゃんの薄い髪の毛についてみていきましょう。

スポンサーリンク

どうしてこんなに個人差があるの?


親が小さいときに髪が薄いとその子供も薄い確率は高いように思います。

男性でも成人を過ぎると髪の毛が薄くなってくるのや親のせいだ、なんて話を良く耳にしますし。

いわゆる遺伝によるものです。でも最新の研究結果によると、それはあまり関係していないという結果なんだそうです。

また白人系の子は髪が薄く、アジア系やアフリカ系は濃いという傾向にあるらしいですが、その理由もハッキリとはわかっていないということでした。

私はやっぱり遺伝なんじゃないか・・・?と思いますが、そんな簡単な問題でもないみたいですね。ただわかっていることもあって、それは髪の生え変わる周期の問題です。

赤ちゃんの髪の毛は生まれてる時に生えている髪の毛はいったん抜けて生え変わるそうです。

その生えてくる周期が濃い子は、抜けるのと同時進行で生えてくるけど、薄い子は抜けてから時間を置いて生えてくるということらしいです。

これは完全に個人差によるものなので、特に心配はしなくても大丈夫なんです。新しい髪が生えてくるために毛が抜けるということはとても自然なことなんですね。

スポンサーリンク

将来はどうなるの?


このまま生えなかったらどうしようと心配ですが、幼稚園や小学生になってもそのままという子は見たことありません。心配になる気持ちはわかりますが^^

3歳ぐらいになると、ショートカットやボブぐらいまで伸びるようです。

やっぱりもとから濃かった子と比べると、髪の毛が細かったり、茶色っぽいようですがそれでも小学生になると他の子とまるで変わらなくなります。

また赤ちゃんの時薄い子ほど、大人になってから濃いきれいな髪になるという言い伝えもあります。

でも私の周りでもそういう子が多いので、一概にただの言い伝えではなさそうです。だから安心してくださいね。

月日が経てば、あの薄かった時が懐かしいー!かわいいなぁと思うようになります。

あっという間のこのかわいい薄毛の時期もたくさん写真を撮って残しておいてくださいね。いずれ懐かしく思う時期がきっとくるはず♪