e0aea0802234167e565e6e276cbfc50f_s

赤ちゃんの寝ていた布団のシーツを見たら髪の毛がたくさんついている!とか頭をなでただけで髪の毛が抜ける!なんて話をよく聞きます。

みなさん赤ちゃんなのにこんなに抜けて大丈夫かなと心配になるようです。中には自分で髪をむしる赤ちゃんもいるので、何かストレスではないかとさらに心配になるお母さんも多いですよね。

うちもかなりごっそり抜けていたので、とってもよく気持ちがわかります。ということで、今日は赤ちゃんの抜け毛について注目していきましょう。

スポンサーリンク

どうして髪の毛が抜けるの?


赤ちゃんの抜け毛には2種類あります。一つ目は新生児生理的脱毛と呼ばれるものです。赤ちゃんの髪は6か月までに生え変わります。生まれた時のままの髪の毛じゃないんですね。

この生え変わりの時期にたくさんの毛が抜けてしまうので、髪の毛全体が非常に薄くなることがあります。

お風呂でごっそり抜けたというのもこれにあたるでしょうね。だけど生え変わる時期なので、しばらくするとまた新しい毛が生えて、抜けもおさまってくるでしょう。

もう一つは乳児期後頭部脱毛と呼ばれるものです。

よく赤ちゃんの首の上らへんの後頭部だけ四角くハゲているのを見ますよね。私の友人の子は本当にガムテープでビリっとはがしたかのように真四角に髪がなくなっていました。

健診の際にお医者さんに相談するお母さんもいるぐらい急激に髪がなくなる子もいるようです。赤ちゃんは長時間仰向けで寝ているので、布団にあたる部分だけがすれて薄くなってしまうのです。

これも寝返りをうてるようになったり、おすわりができるようになったりする6か月ぐらいになると徐々になくなってきます。

一時的なはげです。私も髪の毛がここだけなーい!と騒いだことがありましたが、今となってはあのハゲもかわいかったなぁ、懐かしいなぁと思っています。

「新生児生理的脱毛」も「乳児期後頭部脱毛」の2つをみてみると、共に病気でないということがわかりますよね。2つとも共通するのは、お子さんが元気に成長してきたという証拠だということです。

スポンサーリンク

自分でむしるのはストレス!?

赤ちゃんが自分で髪をむしっているから抜けてしまう・・・という例もたくさんあるようです。

自分でむしるなんて、何かストレスを感じているんじゃないかとか嫌なことがあったのだろうかと心配になりますよね。大人であればストレスによって抜毛してしまうこともあります。

でも赤ちゃんが髪をむしるのはストレスに関係なくよく見られることだそうです。特におっぱいを飲んでいるときや眠くてうとうとしているときなどに多いようです。

赤ちゃんには手に触れたものを掴むという反射が備わっているので、自然現象なんですね。うとうとしながら、これはなんだろう~と思っているのかもしれませんよね。

でも時々爪が伸びていたり、強くひっぱりすぎて頭に傷をつけてしまうこともあるようです。

そうならないために、爪は短く切っておく、やり始めたらガラガラなどを持たせる、あまりひどい場合はミトンをつけるなど予防もできますよ。

赤ちゃんの薄毛は一時的なものですからそう神経質にならなくてもいいようですね。じっくりゆっくり子育てを楽しんでくださいね。