fcda3b379fc0408ae770be69fe8e4a1a_s

ナチュラルだけどけばくない!日本でも大人気のオルチャンメイク。顔立ちが似ているので、日本人にも馴染みやすく、挑戦しやすいですよね。

雑誌でも取り上げられていますし、もうやっているという人も多いのではないでしょうか。

オルチャンメイクの全部を真似しなくても部分的に真似してみるところから始めるのもいいですよね。私のオススメは眉毛を太くしてみることですね。

オルチャンメイクの眉毛の切り方と剃り方。太さや色などの整え方法。

また、オルチャンメイクと言ったらカラコンですが、カラコンをするとみんな似たような顔になってしまうと気にしている人も多いようです。

でもカラコンなしでも、また一重だとしてもアイラインの引き方でかわいくなれますよ。コンプレックスは必ずプラスに変えられることができるので大丈夫です。

今日はオルチャンメイクのアイラインに注目してみてみましょう。

スポンサーリンク

オルチャンメイクのアイライン、日本のメイクと何が違うの?

オルチャンメイクのアイラインの特徴は、幅広く切れ長に見せているという事です。

(たった、これを意識するだけでも全く印象が変わってきます!)

日本のメイクの最近の主流は、タレ目や丸く大きな目に見せるというのが流行していますよね。

韓国ではかわいくキュートにというより、クールでかっこいいというのが最近では主流のようです。

また日本では細めで目のきわに引くラインが多く、そのためのアイライナーも販売されていますが、韓国のアイラインはがっつり思い切って引くのがポイントです。

これは二重でも一重でも同じようです。

オルチャンメイクはナチュラルさがポイントですが、アイラインには力を入れているんですね。

その分、リップやファンデーションはナチュラルを意識しています。

スポンサーリンク

オルチャンメイクのアイラインの引き方


二重の場合
まずはジェルライナーで太目に引きます。そのとき目じりから4ミリぐらいはみ出すようにひきます。

その上からなぞるようにリキッドライナーでひきます。その時のラインの太さはジェルライナーよりも細めに。

その後ではみ出した4ミリ部分と目じりをつなげて三角を作るイメージでラインをひきます。引いた後は、ブラウンのアイシャドーでその三角部分をぼかします。

一重の場合
まずはまつ毛のすぐ上に一本目のラインをひきます。これも目じりから4ミリ程度はみだしてひきます。

次に、二重の線があるだろう所に二本目のラインをひきます。これは目を伏し目がちにしてかくと引きやすいです。

さいごに一本目と二本目のラインをつなげてその中を塗りつぶります。塗りつぶした後で、シャドーでぼかすと自然にできあがりますよ。

整形やカラコンなしでも自分に合ったラインの引き方できれいに見せることができそうですよね。

アイラインを変えるだけで、全くの「別人格」の印象を与えられることができるとは驚きです・・・

ぜひあなたにお似合いのアイラインを研究してみるのもいいかもしれませんね!