ハロウィンの仮装をする人達のレベルも年々上がっていて、特殊メイクを楽しむ人も増えています。

今回は、子供のハロウィンメイクとして、あの神アプリみたいにキュートなフェイスペイントと、男性にお薦めする、簡単なのにイケてるハロウィンメイクをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

一般的にハロウィンメイクといえばこんな感じ?

一般的にハロウィンのメイクと言えば、やはりホラー系ですよね。

女子に人気があるのは、悪魔メイクでしょうか。

アイライナーやつけ睫毛で目力のある目元を作り、口元には深紅や黒の口紅を使うのが基本的な悪魔メイクになります。

最近では、カラーつけ睫毛やタトゥーシール等の小物類も充実していますよね。

また、世界的なゾンビブームの影響で男女問わずにゾンビメイクも大人気です。

傷口から骨が覗いているようなリアルなアートメイクは迫力満点!

美術系が得意な人なら、一度は挑戦してみたいのがゾンビメイクではないでしょうか。

お手軽にゾンビメイクを楽しむなら、傷シールや血糊を使う方法もありますね。

子供がやると可愛いハロウィンメイク

小さい子供がハロウィンの仮装をする場合、だいたいは好きなキャラクターの衣装を着るだけになりますよね。

子供たちに人気の衣装はこちら。

  • 女の子にはディズニープリンセスやプリキュアの衣装
  • 男の子には戦隊ヒーローのコスチューム

 

悪魔やゾンビの特殊メイクをしてもらうお子さんもいますが、全体的には少ないと思います。

せっかくだから子供にもハロウィンメイクをしてあげたいと考えているお母さんは多いようですが、どんなメイクをしてあげればいいのかわからないという声をよく聞きます。

そこで注目してほしいのがフェイスペイントです。

海外ではハロウィンの仮装で子供がフェイスペイントをするのは当たり前だったりします。

日本でも徐々にその人気が高まっていて、フェイスペイント専用の絵具も手に入りやすくなりました。

基本的にお子さんの好きなものを描いてあげればいいと思いますが、今回は、子供にするメイクで人気が高い黒猫メイクをsnow風に描くやり方をご紹介します。

  • 初心者がアニマルフェイスペイントを可愛く描くコツは、鼻を中心としたパーツにポイントを絞って描くことなんですが、黒丸の鼻と三本ヒゲだけというのはシンプル過ぎるかもしれません。そこで登場するのが、写真アプリのsnowなんです。
  • ちょっと、snowで出てくる動物のフィルターを想像してみてください。
  • 元になる顔の写真の上に、ラフなイラストで描かれた動物の鼻やヒゲ等のパーツが重なっているだけですよね。
  • 可愛いデコ写真そのままのイメージで、フェイスペイントを描くと思えばどうでしょうか。

やれそうな気がしませんか?

snow風キャットメイクのやり方

それでは、snow風キャットメイクのやり方を説明していきたいと思います。

ハロウィンの猫といえば黒猫ですが、snow風メイクで使う色は黒よりもピンクやブルーが似合います。

お子さんの好きな色で描いてあげてください。

必要な道具は、使いたい色の絵具と絵画用の筆になります。

メイク用のスポンジや小筆、指でも描けますが、絵具用の平筆と小筆があると便利です。

  1. まずは、実際にsnowでお子さんの写真を撮って、それをお手本にします。
  2. 鼻の頭と鼻の下と両頬に、ベースとなるカラーを丸く塗りましょう。絵具の色は白でもいいですし、ピンクやブルーを使う場合は濃さを薄めにします。

    平筆、メイク用スポンジ、指を使って、ポンポンとふんわりぼかしながら、軽く重ね付けするとキレイに仕上がりますよ。

  3. 次に猫の鼻を描きますが、ベースより濃いピンクやブルーの絵具を使います。

    猫の鼻を上手に描くコツは、逆三角形やハート型を描くイメージを持つと描きやすい。

  4. 鼻と同色、もしくは黒や茶色の絵具を使って鼻溝の線を描きます。

    上から下に縦線を引いて、終わりを左右に広げると猫の口元らしくなりますね。

  5. 両頬に塗ったベースの上に長いヒゲを3本ほど描きます。鼻と同じ色の絵具でもいいですし、白や黒でも構いません。

    個人的には、猫なら白ヒゲがsnowらしいと思います。

  6. 目の周りに涙の粒やハートを描きます。ラインストーンシールを貼るのもステキです。
  7. 最後に、猫耳カチューシャを付ければ『snow風のキャットメイク』の出来上がりです。

描き方に迷う時は、最初に写した写メを見てくださいね。

基本的には、その写メを真似すれば大丈夫です。

リアルさよりもイラスト的な可愛らしさが大事です。

大人がするとちょっとあざとくなってしまうsnow風メイクですが、子どものハロウィンメイクとしては最強かもしれません!

子供のメイクにママのお化粧品を使ってもいい?

 とても大切なことですが、子供にメイクをしてあげる時に大人用の化粧品は使わないようにしましょう。

化粧品にはいろいろな成分が入っていて、人に有害な成分も使われています。

肌荒れの原因になる事は言うまでもありませんが、最悪の場合だと、重篤なアレルギー症状を引き起こす事も。

一回くらい・・・と思うかもしれませんが、やめておきましょうね。

どうしても使いたい時は、無添加の化粧品メーカーが出している化粧品や、フェイスペイント専用の絵具、顔や体に貼れるデコシールを選ぶことをお薦めします。

  • ドラッグストアや身近で買える無添加化粧品では、『ちふれ』というブランドがあります。
  • フェイスペイント専用の絵具でお母さんに人気があるのが、100均でも購入できるミラクルペイント
  • 人気の理由は、安心の日本製
  • 耐水性でメイク崩れや衣類への色移りの心配がないことや、乾くとシールのように剥がれるのでメイク落としが簡単!という点でも、お子さんに使いやすい。

無添加の化粧品、フェイスペイント専用の絵具、シール、どれを使う場合でも必ずパッチテストをしてくださいね。

腕の内側など皮膚の柔らかい部分に使用して、かぶれないことを確認をしてから使いましょう。

スポンサーリンク

男の人でも簡単にできるハロウィンメイク

男性の場合、普段は使わないメイク道具は100均で揃えることをおすすめします。

お店でお化粧品を買うのが恥ずかしいという人や、少々の出費は惜しまない!という人はネットショップがいいかもしれません。

やりたい仮装に必要なメイク道具が全て揃うハロウィンメイクキットなんていう便利な商品もありますよ。

失敗なし!超クールなガイコツメイク

私が男性にお薦めするのは、とっても簡単なのに仕上がりは超クールなガイコツメイク。

必要な化粧品は以下の3つがあれば、完成しちゃうんです。

  • 白いドーラン
  • 黒いアイシャドー
  • アイライナー

さらに、ガイコツメイクはアレンジが利くのも魅力です。

例えば、口元に線路みたいな線を描くだけでナイトメアのジャック風

赤い口紅を使って口裂けメイクにすればバッドマンの悪役、ジョーカー風

ちょっと頑張ってみたい人は、ここからゾンビメイクに進化させることも可能です!

本番までの準備期間に何度か練習をして、自分らしいアレンジを探してみてください!

ガイコツメイクに使う道具

用意するのは、

  • 舞台メイク用の白いドーランや粉白粉
  • 黒のアイシャドーとアイライナー
  • メイク下地
  • メイク用スポンジ

です。

ドーランや粉白粉は道具は、普通のお店には売っていませんのでネットショップで注文しましょう。

その他の物は、すべて100均で揃えることが出来ます。

アイシャドーにはラメというキラキラが入っているタイプと入ってないタイプの二種類があります。

ガイコツメイクには、ラメなしを選んでください。

それから、メイク下地というのはファンデーションを塗る前に顔全体に塗って使うもので、皮脂を抑えて肌表面を滑らかにしたり、色ムラをなくす効果があります。

仕上りを良くするためにも、ぜひ使ってください。

基本のガイコツメイクをマスターしよう!

  1. メイク下地を顔全体に塗って下準備をしてから始めます。

    アイライナーで目の周りの黒塗りにする部分の境界線を書きます。

    指で触ると目の周りの骨がわかると思いますので、その骨に沿ってぐるっと書いていきましょう。鼻の頭と穴の周りも三角に囲みます。

    黒塗りにするのはこの二か所だけでも十分ですが、眉間や頬も黒くするとより雰囲気が出ます

  2. 次に、顔全体を白塗りにします。

    目と鼻の黒くする所以外を、化粧用スポンジを使ってポンポンと軽く叩くように塗ります。一回で濃く塗ろうと思わず、塗り重ねて白くしていきます。

  3. 黒のアイシャドーとアイライナーで目の周りと鼻の三角を塗りつぶします

    アイシャドーは、付属のチップ(塗る道具)を使ってもいいですし、指で直接塗ってもかまいません。

    キャラクター風にしたい時は、アイライナーで塗りつぶして黒塗りの輪郭をハッキリさせます。

    リアルさを出したいなら、アイシャドーも使って内側から外側へ徐々にぼかしていきましょう。

  4. アイライナーで唇に短い縦線を書き、ガイコツの口元を表現していきます。

    初心者がむき出しの歯などをリアルに描くのは難しいので、ナイトメアのジャックのイメージで仕上げるといいですよ。

基本のガイコツメイクはこれで完成です。

本当に簡単なので、ぜひアレンジして個性的な特殊メイクを楽しんでみてくださいね。

まとめ

  • 子供がやると可愛いハロウィンメイクは、snow風アニマルフェイスペイント。
  • 子供のメイクに大人用の化粧品は使わない。
  • フェイスペイントに使う絵具は、必ず専用のものをつかう。
  • 男の人でも簡単にできるハロウィンメイクはガイコツメイク。
  • 男性の場合、主な道具は100均で揃える。

スポンサーリンク