面長・丸顔タイプの髪型について、色々と書いてきましたが、今回は、『下膨れ』がテーマです。

下膨れタイプの女性は、顔が太って見えやすいのが最大の悩みですよね。

どうすれば、顔周りをスッキリ見せることが出来るのか、下膨れタイプの芸能人をお手本に似合う髪型やアレンジ方法をご紹介します。

スポンサーリンク

下膨れタイプの女性は、ダイヤモンドの法則でスッキリ!

そもそも、下膨れとは、どんな輪郭でしょうか?

『下が膨れる』と書いているので、だいだいはわかると思うのですが、顔の下側、つまり頬や顎の辺りが丸みをおびている輪郭のことです。

下膨れは、面長や丸顔の女性に多い輪郭になります。

芸能人でいうと

  • 有村架純さん
  • 元AKB48の篠田麻里子さん
  • 藤原紀香さん

などが、下膨れで有名ですね。

例えば、有村架純さんの場合、全体の輪郭は面長タイプですが、下膨れでもあります。

髪型で下膨れを上手にカバーするには、トップ、両こめかみ、顎の4点でダイヤモンド型を作りましょう。

彼女の場合、頬から顎にかけてシャギーを入れることで、頬から下の丸みのあるフェイスラインをカバーしていますね。

下膨れの方は、参考にしたい髪型です。

藤原紀香に学ぶダイヤモンド型の髪型

こちらでは、ダイアモンド型を意識した髪型の作り方について具体的に説明していきます。

ダイヤモンド型の髪型を昔からしているのは、藤原紀香さん。

彼女は、ロングのウルフカットが多いですね。

トップからこめかみまではボリュームを出して、逆に顎ラインはボリュームダウンさせる、ダイヤモンド型のシルエットになっていますよね。

下膨れタイプの方には、このようなウルフカットもよく似合います。

頬から顎のラインは、すっきりさせると覚えておきましょう。

逆におすすめしない髪型は顎ラインにボリュームを持ってきたり、輪郭を全部出してしまうようなヘアスタイル。下膨れが強調されることになります。

スポンサーリンク

下膨れタイプに似合う前髪って?

面長だから小顔に見せる為に前髪をつくりたいけど、下膨れだから似合う作り方がわからない。

そんな下膨れタイプの方が前髪を作る場合に似合うのは、重めではない、軽く隙間をあけるような前髪です。

こちらのモデルさん達は、トップからこめかみにかけてはふわっとボリューム感があり、サイドの前髪で頬骨のラインを隠して小顔に見えるように工夫しています。

彼女達のように、顎ラインをシャープに見せる為には、サイドの髪の毛は顎よりも短くします。

こちらも綺麗なダイアモンド型になっていますよね。

前髪と顔のバランスもあるので、ダイアモンド型の髪型にする場合は、美容師さんと相談してみてくださいね。

逆に下膨れを強調してしまうNGの前型は

重めの前髪・短すぎたり、揃いすぎてるぱっつんはNG。

前髪の横幅が広いのも、できるだけ避けたいです。

まとめ

下膨れタイプの女性に似合う、ダイヤモンドの法則について、おわかり頂けたでしょうか?

トップからこめかみのあたりまでのボリュームと、顎ラインのシャープさがポイントです。

前髪の位置や、顔周りにシャギーを入れて顎のラインをカバーすることで、すっきりと見せることが可能になりますよ。

参考にしてみてくださいね♪

スポンサーリンク