ヘアカタログ通りにスタイリングしてもらったのに、なぜか似合わない・・・という経験はありませんか?

似合うかどうかは、カットの仕方、パーマのかかり具合、輪郭のなどの
ちょっとした違いによって変わってしまいます。

今日はその中でも大きな違いを生む、輪郭(面長)に注目してみていきましょう。

スポンサーリンク


面長の特徴と似合う髪型

面長の人は横幅よりも縦の長さが目立つ大人っぽい雰囲気の顔立ちです。

しかし髪型を間違うと、地味に見られたり、老けて見られたりなどの悩みもあるようですね。
なぜなら丸顔の人に比べて、丸みと柔らかさが足りないからです。

面長の人は理想の輪郭とされる卵型に近いので、髪型を一工夫するとより理想的な輪郭に近づくことができます。

それはサイドに膨らみをプラスした、ひし型ラインにすることです。

サイドの膨らみとは具体的には、鎖骨の延長線上です。鎖骨の延長線上の耳横あたりに一番の膨らみがくるようにカットやパーマをし、そこから下はボリュームを減らしてくびれをつくるようにすると、ひし形ラインになります。

次は芸能人から面長の似合う髪型をみていきましょう。 

スポンサーリンク

水原希子のようなふんわりボブスタイル


水原さんのようなワンカールボブは自然な丸みをつけることができて挑戦しやすいですね。

横のラインと丸みを足し、輪郭の長さとのバランスをとりましょう。サイドは、エラの位置でラウンドしたマッシュ形にすることでひし形になります。

頰にかかる毛束も作れば、丸みが増して小顔効果がアップします。

パーマをかけない場合はアイロンなどでワンカールしましょう。

水川あさみのようなふわふわミディアム


面長の場合ストレートヘアーは縦長に見えてしまう恐れがあります。

水川さんのように中間から毛先にかけてウェーブをつけた髪は自然と横広がりに見えますね。

横に広がりできるということは、縦の長さが強調されないということです。面長だからこそ許されるスタイルなのかもしれませんね。

耳にかける場合は、顔回りの毛束を少し残して耳にかけると丸みが増して、面長をカバーできますよ。

注意するべき点は?


髪のトップのボリュームを出してしまうと、余計に縦長に見えるため、カットやセットの際はボリュームを出さないようにしましょう。
また肩よりも長いロングヘアーも避けた方が無難です。

また前髪ですが、センターパーツなど額を出すものはNGです。サイドもピタっとして見えてしまうため、縦長に見えてしまいます。

緩和するためには、前髪を作って縦長ラインを分断することです。ワイドバングや、ギザギザのwバングがオススメですよ。

美容師さんとも相談して自分の輪郭を活かした髪型が見つかるといいですね。