7028257735_948aef88dc

仕事やアルバイトを探す上で、やっぱり気になるのは髪型が自由でOKかどうかですよね。
できればおしゃれしたままで働きたい!と思っている人は多いのではないでしょうか。

また自分の好きな髪型で働けたら、仕事のモチベーションも上がりますよね。

とはいっても働いてお金をもらうわけなので、それなりに守らなれけばいけないこともたくさんあるのだと思います。

ということで、今日は職場での髪型についてみていきましょう。

スポンサーリンク

どんな仕事が髪型自由なの?


まず一番初めに思いつくものが、接客業です。

接客業といっても様々な形態がありますが、店員のおしゃれさや見た目が店の利益につながるような接客業です。

例えば・・・
アパレル、雑貨店、美容師、ネイルサロンなどですね。

かわいい店員やかっこいい店員がいると真似したいと思いますし、着用している服も売れます。
店員自体が動くマネキンとして店の商品となっているといってもいいでしょう。

その場合は、店員さんの髪型も立派なアピールポイントとなるので、比較的に制限は少ないのかもしれません。ファッション系のお店の人が皆同じ髪型ならちょっとイヤですし。。

逆にこれに似ているけれど、髪型が自由ではないのは、ジュエリー販売、自動車販売、住宅販売、営業などです。

同じ販売員でも高額な商品を扱っている仕事は、だめな場合が多いようです。

確かに一大決心をして購入するかどうか考えているときは、茶髪などは軽い印象を与えてしまいますね。

まじめに真摯に対応する=身だしなみをキレイに整えるという意味に繋がるのではないでしょうか。

次に室内での仕事も髪型自由なものが多いです。

室内は室内でも人(お客)と対面しないものです。

例えば・・・
コールセンター、工場作業員、事務員、清掃員などです。

服装や髪形が自由なコールセンターは学生などに人気の職業ですね。

もちろん、それでも最低限度のルールというものが存在しますが。

次に客層が若い店、大衆的な店も髪型が自由です。

例えば・・・
バー、飲食店などです。

これらの場合も多少印象が軽くても許されますね。
しかしチェーン飲食店や高級飲食店などでは社風として髪型や髪色を厳しく設定しているところもあります。

例えばマクドナルドは茶髪や部分的なメッシュ、シュシュなどの髪飾りなども禁止しています。

清潔感を第一にしていると同時に、異物が混入してしまうことも予防しているのですね。

これらはハッキリとした基準というものがなく、それぞれのお店のルールに従って許容範囲が変わるので、髪型を気にしたい方は面接などで細かく聞いてみるのがいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

どこまでならOK??


基本的には会社の雰囲気や社風に合っていればよしとなります。

会社のイメージに壊すことがないか、またそれによって会社にとってイメージアップにつながるのか。やはりここがポイントとなってくるのでしょう。

アパレルなどでは、ブランドのコンセプトに合っていれば、超ロン毛でも、アフロヘアーでもスキンヘッドでもOKですね。

14272828374_afab307bcd

私も学生の頃、バーでアルバイトしていた時は初めはちょっと茶髪で面接にいき、働き始めてから徐々に明るくしていきました。

まわりの働いている人にも合わせることができるのでこの方法をお勧めします。

これも、つまりは会社に合わせる・・・ということになるのでしょうし。

あまり自由にできない職場でも、オフィスに合うヘアアレンジ方法がたくさんありますので、研究してみてくださいね。