可愛らしいヘアアクセサリーをお店やネット通販で買うのも楽しいけれど、自分で手作り出来たらもっと楽しいはず!

今回は、異素材ミックスがキュート❤な三つ編みカチュームの作り方をご紹介しようと思います。

不器用さんでも大丈夫!材料さえそろえば、30分くらいで簡単に作れます。

さぁ、この冬はハンドメイド女子になって、女子力を上げましょう!

スポンサーリンク

材料の選び方と組み合わせのヒント♪

今回は、素材感の違う3種類のリボンで三つ編みを作ってカチュームにします。

素材選びや組み合わせ方によって、ナチュラル系からガーリー、大人系、キッズ向け、と色々なタイプのカチュームを作る事が出来ます。

ご自分の好きなファッションに合うように3種類を選んでみてください。

もちろん、1種類の素材だけとか、3本の内の2本が同じ素材という組み合わせでも上手に作れますよ。

それぞれ好きな色を選んでいいですが、ナチュラル系なら生成りや淡い色味を、ガーリー系ならハッキリしたピンクや黄色など主役になるカラーと、水玉やチェックなどの柄を決めて選ぶと雰囲気が出ますね。

大人系や多用途に使いたい人は、ブラウンやブラックの落ち着いた色味が良いでしょう。

はじめて作る時は、それぞれのリボンの幅を同じくらいに揃えるとやりやすいですよ。

    【材料】

  • 異素材のリボンや布を3種類・・・2~4cm×60cm
  • 丸ゴム・・・45cm

スポンサーリンク

異素材ミックスの三つ編みカチュームの作り方❤

  1. まず、3本のリボンをどのような組み合わせでもいいので、2本と1本に分けます。
    片方の端を5cmほど残してくくりましょう。
  2. テーブルの端などにセロテープで貼って固定します。
    この状態で三つ編みをしていきます。
    最後も5cmほど残したところで、2本と1本に分けてくくります。
  3. 残した5cmの部分を折り返して、端を内側に折り込んだ状態で輪を作り、上部を縫いつけます。
    反対側も同じように作ります。
    それぞれ三つ編みの先に穴が出来た状態です。
  4. 両方の穴に丸ゴムを通し、ゴムは輪っかになるようにくくりますが、頭のサイズに合うように調節してください。
    ゴムの結び目は、どちらか一方の三つ編みの穴の中に入れて隠します。
  5. 2本になったゴムの中央部分を、目立たない色の布切れやリボンで1本にまとめて、布用ボンドで留めます。
    最後に、ゴムが通った三つ編みの穴の部分を、余ったリボンでくるっと包み、こちらも布用ボンドで留めれば完成です。

どうでしょうか。簡単すぎてビックリしていませんか?

これなら、ハンドメイド初心者でも全然作れそうですよね。

基本の作り方がマスター出来たら、ちょっとアレンジをしてみましょう。

例えば、組み合わせるリボの太さを変えてみたり、手芸屋さんなどで手に入るスパンコールテープやブレードを組み合わせると、グッと可愛らしくなります。

また、リボンの変わりに紐に通したパールやビーズを組み合わせるのもお勧めです。

手芸が得意な人は、あまり布やリボンと胡桃ボタンなどを組み合わせて作った飾りをサイドに付けると、見た目も華やかになりますよ♪

完成したら、三つ編みのカチューシャの付け方とやり方!ショート・ボブ・ミディアム・ロングで似合うのは?も参考にして、着けてみてくださいね。