今や日本サッカー界にとって欠かせない存在となった本田圭佑選手。

サッカープレーヤーとしてはまずまず世界中から注目される選手となっているし、まだまだこの先も進化を遂げる雰囲気がバシバシと伝わってきます。

本田選手はサッカープレイヤーに注目されると同時に、ファション時期であることから髪型を注目されることが多いです。

基本的には金髪のショートヘアですが、微妙に毎回変わっているので、今日はその変化がどこにあるのか探ってみたいと思います。

スポンサーリンク

本田圭佑のトレードマーク、金髪ショートを検証

まずはこちらの画像から。

画像を見てわかるようにモヒカンラインだけが高くなっています。それと同時にサイドは短く刈り上げられています。

色もこの時期は、金髪というよりは少しし茶色がかっています。おそらく一度金髪にしてから、色を入れたのでしょう。

モヒカン的な要素が強い髪型ですが、ソフトな感じなので学生にも真似しやすい髪型といえるでしょう。

ただ髪の毛を立たせるだけではなく、微妙に右側に流しながら立たせている、というところも注目したいところです。

右に流すか左に流すかはどちらでも構いませんが、整髪料を付ける際にどちらかに流しながら立たせるということを意識しましょう。

続いてはこちらの画像。

先程よりも借り上げ部分が高くハードな印象になっていますよね。

そしてトップの髪の毛とサイドの髪の毛がよく見ると繋がっていないことがわかります。ここからは少しだけツーブロック気味にしているということがわかります。

ツーブロックといってもはっきりとメリハリをつけることなく、トップの部分と刈り上げの部分が繋がっているようで繋がっていないという絶妙のバランスがすごく格好いいです。

おそらくこの髪型が長くなった状態が以下の画像でしょう。

根元付近から自毛が見え始め黒くなってきていることがわかります。

カットしたばかりの頃はサイドが刈り上がっていたので、つまり髪の毛が立っている状態ですが、少し長くなってくると髪の毛が寝るので、先程とはまた違う印象になりますよね。

おそらく本田選手はそれほど髪質的には固くない方だと思うので寝ることができますが、直毛タイプの人は、この長さになってもサイドの毛が立ってしまうことがあります。

その場合はドライヤーで寝かせそのあとに整髪料などをつけることが望ましいと思います。

スポンサーリンク

気になる後ろ姿は?

本田選手の髪型が気になる人は、後頭部がどういうふうになっているのか知りたい人が多いようです。

再度の毛が刈り上げのようになっているということなので、後もそうなっているということは予想することができますが、どれぐらいの高さまで刈り上がっているのかが一番知りたいところだと思います。

これを見てみると、だいたい耳の後ろくらいの高さまで刈り上がっていることがわかります。

しかも通常借り上げというと、刈り上げの面積がU字になることが多いですが、一直線になっていることも確認できます。

これは本田選手の好みなのか、美容師さんのオススメなのかわかりませんが、とても個性的だと思いました。

後の長さに関しては好みの高さにしてもらっても問題ないと思います。

客に後ろだけは、刈り上げないというスタイルも面白いかもしれませんね!