映画『渇き』で主役に抜擢され女優デビューを果たした小松菜奈さん。

雑誌やミュージックビデオで見たことがある人も多いのではないでしょうか。

透明感のある肌と外国人のような顔立ちで一度見たら忘れられない美人ですね。私もこのきれいなハーフはだれ!?と思った一人ですが、実は生粋の日本人だそうですよ。

最近の若い方はスタイルも良いですから、小松さんのような女性がこれからもどんどん増えてくるのでしょうかね。私もその時代に生まれていたらどうなっていのかな、なんてこを思ってしまいました。

今日はこれから活躍間違いなしの小松菜奈さんに注目してみましょう。

スポンサーリンク

小松菜奈さんの髪型の作り方


映画『バクマン』でもヒロインに決定している小松菜奈さん。
原作ファンとしては清楚な雰囲気が役にぴったりでとっても楽しみです。

小松さんは自身の髪型について黒髪パッツンロング=小松菜奈と言っていて、これからもあまり変える気はないようです。

でも小松さんのような顔だとどんな髪型も似合ってしまうんでしょうね。

黒髪は重くて地味というイメージですが、おしゃれなブラックカラーにあえて染めると、地の黒髪とは違う垢抜けヘアーになれますよ。

アッシュ系でも一番黒いバイオレットアッシュをオーダーしましょう。

一見すると染めてないのかな?と思う色ですが、日にあたるとほんのりくすんだ色合いが出ておしゃれです。学生やお仕事であまり染められない人にもおすすめですね。

また色白に見せる効果もあるので、小松菜奈さんのような透明感に近づけます。

前髪は眉下のぱっつんで重めで切ることによって、まるでお人形のようですね。

この黒髪パッツンロングは他にも、栗山千明さん、中島美嘉さん、Perfumeのかしゆかさんなどがしています。

武井咲の前髪が短いけど斜めに切った?作り方や切り方が知りたい!

黒髪パッツンロングは普段の印象が強い分、髪をまいたり前髪を分けたりしたとき、印象をガラリと変えることができるのでいいですね。

スポンサーリンク

小松菜奈さんのメイク


小松菜奈さんは普段からあまり作りこまないナチュラルメイクを心掛けているそうです。

ワンポイントで赤いリップにしたり、色のアイラインを入れたりすることに凝っているようで、ブログでもアップしています。

またカラーコンタクトのイメージガールを務めています。

小松菜奈さんのようなハーフ顔を意識したカラコンらしいので、これを使ってみるのもいいかもしれませんね。

ハーフ顔といっても小松さんの場合、濃いメイクで立体的に見せるのではなく、あくまでもナチュラルにメイクするのがポイントです。

アイシャドーはあまり色を重ねずアイラインも細めで仕上げましょう。

だけどまつ毛はくるんとカールさせたり、つけまつげでふさふさにしたお人形フェイスがいいですね。

アイメイクをナチュラルにした分、リップは赤とオレンジを混ぜてしっかりぬりましょう。

チークはピンクや赤が多いようです。これも頬の真ん中にポっとのせましょう。

ナチュラルメイクが多い小松菜奈さんががっつりメイクしたところも見てみたいですね。18歳とまだまだ若いのでこれからの成長も楽しみです。