三浦翔平さんは俳優としての実力もさることながら、ファッションや髪型も注目されている存在です。

女性目線でみると王子様的な存在ですが、それにもかかわらず得意とするモノマネを披露するなど、三枚目的な性格もあり人間味溢れる特徴があり方なんです。

三浦翔平さんの髪型は基本的にミディアムスタイルが多いですが、彼の雰囲気にとっても似合ってるんですよね。

どんな髪型をしているのか解説してみようと思います。

スポンサーリンク

自毛を活かしたスタイル

直線的なラインが特徴的なこのスタイル。

カラーリングもおそらく一色ではなく、明るい色と暗い色を色使っていることにより一体感のあるスタイルを完成させています。

全体的に前髪や襟足もながく甘い雰囲気が伝わってきます。

この髪型で注目したいのがトップの短さ

全体的にレイヤーが入っているので、トップの髪の毛が一番短く、そしてアウトラインに向かうにつれて長くなっているスタイルです。

トップを短くすることによって髪の毛が立ちやすくなり、ひし型のスタイルを作りやすくなります。

セットはワックスで形を整えながら、ハードスプレーを使い束が固定されるようにセットするのが良いと思います。

ふわっと空気感が入りながらも形をキープできる。そしてひし形の形になるようにバランスを整えることが大切です。

黒髪パーマで男らしく

先程のさわやかさや甘さと違って、黒髪パーマということで一気に男らしさが出るスタイルです。

全体的に動きが出るようにパーマをかけて艶が出るような整髪料を使います。

そしてここが注目なのですが、片方だけ耳に毛をかけていることからわかるように、前髪は割と長いです。

それなりの長さがないと前髪を耳にかけることはできませんから。

しかしその前髪の長さと対照的に襟足付近はそれほど長くなることがわかります。片側だけ前髪を下ろすことによって魅力的な男性と変貌を遂げることができます。

黒髪スタイルの場合は、絶対にツヤを出しましょう。

いくら整髪料を使ってかっこよく仕上げたとしても、ツヤがないと野暮ったい印象が抜けないので、ここは忘れてはいけない重要なポイントでもあります。

スポンサーリンク

男女両方から支持される万能スタイル

やはりこのスタイルが一般的にも、そして個人的にも一番三浦さんに似合うスタイルだと思います。

ダークブラウンに対して、ゆるいパーマをかける。

自然と髪が別れるようにスタイリングをする。

先程の黒髪のパーマと比べてみると、パーマはやや弱くなっており、ロッドも大きなものを使っていると思います。

そして一番最初の感想でも指摘した通り、トップの髪の毛は細かく散らばるようにパーマをかけていますが、その他の部分は髪の流れを作るようにパーマをかけている。

やはり三浦さんのスタイルはトップの髪の毛とそれ以外の髪の毛を分けて考える必要があるようですね。

はっきり言って、モテ度は100%でしょう(笑)

俳優だから当然なのかもしれませんが、髪型を微妙に変えることにより、変幻自在の印象を与えているように思います。

男性だったら学生や20代前半の方は、三浦さんの髪型に強い憧れを誰もが持つことでしょう。

是非、参考にしてみてください!