成人式で気合いが入るのは、髪型はもちろんですがメイクもですよね。

いつもよりもかわいくゴージャスに見せたいと思っている人も多いでしょう。

もちろん美容室で髪と一緒にやってもらうのもいいですが、なんだかイメージと違ったという声もたくさん聞こえます。

やっぱり自分の顔は自分で研究するのが一番!たくさん研究して一生に一度の成人式を迎えましょう。

今日は一重のメイクとアイプチの方法を見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

一重を二重にする方法

二重にする一番ポピュラーな方法がアイプチです。

今ではだいぶ普及してきましたね。

目の形や、まぶたの厚さはそれぞれ違うので、微妙にやり方やコツが異なります

美は一日にしてならずと思って、成人式当日までに研究しましょう。

まず初心者のためのコツは

  • のりをつけすぎない
  • 乾いてからラインをつける
  • 二重幅を色々試してみる

ただし厚めのまぶたの人は、二重にしたいところだけにぬるのではなく、まつ毛の少し上から二重幅の所まで塗るといいみたいですよ。

また、のりでキープするアイプチ以外にもテープで二重をつくるメザイクというものもあります。

こちらが、メザイクで二重を作った動画です。

メザイクはアイプチよりも二重を作るのが難しいので、事前に練習をすることで、よりナチュラルに二重を作ることが可能です。

うまくできるようになると超自然&くっきりの二重ができ、キープ力もすごいんですよ。

また完全に透明で自分の目の幅でカットできるのでメイクすると、ほとんどバレません。

成人式のメイクは、振袖に合わせて濃いメイクをするので、アイプチやメザイクも分かりにくいと思います。

どちらも低価格で買えるので、今から買って練習するといいですね。

きっと自分だけのコツが見つかるはずですよ。

あいのりで有名な桃さんの二重術がすごい!!

私が一番すごいと思った二重にする方法はタレントの桃さんが提案したつけまつ毛+メザイクで二重にする方法です。

ビフォーアフターが違い過ぎてびっくりします!

でも自然でナチュラルな二重ですよね♪

桃さんの二重の幅の作り方は、最初にふつうのつけまつげを付け、さらに短めの(半分ぐらいのサイズ)のつけまつ毛を目尻にだけつけると、うまく食い込んで二重になるというもの。

その後に、メザイクをすれば完成です☆

メザイクをした目元も、そこまで二重にした!という感じは出てないので、よりナチュラルですね。

成人式で久々に会う友達も多いので、二重にしても気づかない人も多いはずです。

桃さん曰く、練習のたまものらしいですが、つけまつ毛をつけて目力アップになるので、成人式のメイクで二重にしたい方は是非参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

アイプチ後のメイクのコツはアイライン

せっかく上手に二重にしても、メイクなしだとアイプチやメザイクがばれてしまう可能性が高いようです。

アイプチ上級者が口をそろえて言うのが、アイラインの重要性。

アイラインが上手にひけると自然な二重に見えちゃうんですよ♪

モデルの西内まりあさんは、アイプチで二重になったことで有名ですが、アイラインの引き方を動画に載せているのでとっても参考になりますよ。

アイラインを上手に引くコツは

  1. まつげのキワまで、きちんと埋める
  2. アイライナーはリキッドタイプがおすすめで、ウォータープルーフでなぞるとより立体的なデカ目に
  3. アイラインを引くときは、まぶたを引っ張りながら引くと書きやすい
  4. クリームタイプのアイシャドーでだんだんぼかすことによって、肌なじみがよくラインも長持ち

ここまですれば、そう簡単にバレることはありません。

西内まりあさんも言ってる様に、重要なアイメイクなだけあってやっぱり練習は必須です。

最初、粘膜にインラインを引くのが怖いと思いますが、練習するうちに慣れてきます。

写真写りも実物もかわいくなれるように、毎日少しずつコッソリお家で努力を重ねちゃいましょう!

まとめ

一重から二重にするのは、アイプチやメザイクを使って作りましょう。

自分の目の形に合うように二重の形を決め、それからメイクをした状態まで何度も練習すると、成人式当日に失敗することや焦る事がないですよね。

桃さんのように、つけまつげを二重につける+メザイクで形を整える方法も、二重がよれにくくなるのでおすすめです。

これら全てに共通するのは、事前に何度も練習をしているということ。

練習をすることで、自分にあったメイク方法が分かってきますので、最初は時間がかかったとしても、慣れると時短メイクも可能なりますよ。

成人式のメイクはお気に入りで行きましょう!

スポンサーリンク